“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

上海:生活便利度全国2位


1

上海では、歩いて2分で買い物や食事ができる。しかし、飲食の一人当たりの平均消費は100元(1600円)と全国で最も高い。31の省庁都市を対象とした“飲食・娯楽指数”に関する調査で分かったことだが、生活便利度では、上海は広州に次ぐ2位だった。

家を出れば、1キロ圏内に何がある?上海では、歩いて2分で、売店やレストランを見付けることができる。歩いて3分で、ファーストフード店やスーパーがある。歩いて5分で、パンやスイーツ、洋服やカバンを買うことができる。8分も歩けば、足マッサージの店がすぐ目の前にあるはずだ。地下鉄に乗れば、3駅以内に映画館がある。

前述の生活風景は、まさに31の省庁都市を対象とした飲食・娯楽に関する調査で、これらの項目に対する回答を集計した結果である。業界関係者によると、上海は人口密度が高く、地域生活向けの施設が多数あり、そのため、上海市民の生活がずっと便利になった。

調査の結果によると、生活便利度のトップ10は、広州、上海、北京、成都、南京、武漢、鄭州、天津、西安と瀋陽である。

ショッピング天国の上海は、ショップ数は12万店舗で全国首位。さらに、生活の利便性に貢献するスーパーとコンビニも、上海には2.4万軒あり、広州と武漢と並んで分布密度トップだった。

 

元記事:http://sh.qq.com/a/20140728/002570.htm

チャイナなう編集室