“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

世代ごとの初任給の使い方


1

卒業後、就職してもらった初めての給料、自分の力だけで稼いだお金、金額の多少にかかわらず、それは特別な意味を持っている。経済の発展に伴い、給料水準が変わり、人々のお金に対する見方も変わって来ている。初めてもらった給料の使い道、70年生まれから90年生まれまで、3世代はそれぞれ異なる答えを出している。

70年生まれが就職した時、丁度中国が高度経済成長の真っ只中だった。1973年生まれの重慶出身の黄彦輝は大学で機械工学を専攻し、1994年に大学を卒業後、武漢にある造船工場に配属され、エンジニアになった。

黄彦輝は初めて給料をもらった時のことをいまでもはっきりと覚えているという:“初めて給料をもらった時はすごく感動した。あの時代の初任給は172元だった。”

それを何に使ったかを聞かれて、黄彦輝は:“会社には社員寮があったので、給料のほとんどは食事に使い、1ヶ月の給料はほぼそれでなくなり、家に仕送りすることもなかった。”

“あの時、給料は安かったが、自立して生活できていたので、この達成感はお金で測れないものがある”と黄彦輝は振り返った。

殆どが一人っ子だった80年代生まれは、世間からいろいろとレッテルを貼られた。彼らは改革開放の中で成長して来た若い世代で、海外の文化や商品に大きな影響を受けている。蒋博は典型的な80年代生まれ。彼は旅行が好き、ネットゲームが趣味で、アメリカ・ドラマや映画を観るのが好き。いまの生活を楽しむタイプだ。磨いたゲームの腕は、彼が卒業後初めて手に入れた仕事ーー事業部プログラマーに少し役立ったようだ。

蒋博が初めて給料をもらった時、最初に思い付いたのは両親にプレゼントを買ってあげることだった。“2005年に就職した時の初任給は1500元だった。お父さんにたばこ1カートン、両親にそれぞれ老人向け携帯電話を買ってあげて、全部で500元だった”。蒋博によると、残り1000元の半分家賃に消え、残り半分は生活費に当てたという。

劉晨は90年代生まれのひとり。昨年9月、劉晨は保険会社の損害賠償担当になり、初めてもらった給料は2200元(3万6000円)だった。彼女はとっくの昔にその使い道を決めていた。“おじいちゃんとおばあちゃんに健康用品を買ってあげて、両親に夕食をご馳走し、そして自分に何かプレゼントを買う。”

劉晨は700元(1万1000円)を払って自分用にずっと欲しかったサングラスを買った。“プチ贅沢は自分へのご褒美。今後仕事をもっと頑張らなくっちゃ!”

それらの支出を除くと、給料は残りわずか800元(1万3,000円)になってしまったが、劉晨はこれらを生活費に当てるという。“実家に住んでいるので、これぐらいのお金でもなんとか生活できる。”

初めての仕事、初めての給料、時代の変遷に伴って、仕事の内容は変わり、給料の金額もかなり違う。社会に入ってもらう初任給が持つ意味が少しずつ曖昧になって来ているが、間違いなく言えることは、それは成長と収穫を意味し、彼らの将来に対する期待である。

 

元記事:http://www.ahwang.cn/edu/20140731/1381970.shtml

チャイナなう編集室