“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

中国人労働者5000人 鉄道建設でケニアに到着


1

BBCがケニア「ビジネス・デイリー」誌を引用する形で6日、少なく5000人の中国人労働者がケニアに到着し、ケニアの鉄道建設工事に参加すると報道した。報道によると、これら中国から来た労働者たちは、地元の3万人の労働者と一緒に今年10月に着工予定のナイロビ〜モンバサ間の鉄道工事に参加するという。

今年5月11日、中国の李克強総理がケニアのケニヤッタ大統領と東アフリア5ヵ国の大統領や外相とともに、モンバサ〜ナイロビ間鉄道建設工事に関わる調印式に立ち会った。契約金額は38億ドル(3800億円)に上る。モンバサ〜ナイロビ鉄道はケニア独立以来最大規模のプロジェクトで、ケニアが100年間に敷設した最も長い鉄道であり、すべて中国標準の技術を採用する。

このプロジェクトは全長480キロメートルの単線で、内燃機関を使った車両で、乗客輸送速度は120キロ、貨物輸送速度は80キロに設計されている。このプロジェクトは中国国鉄一級標準を採用してすべての設計と施工を行う。

鉄道が完成後、モンバサからナイロビまでの移動時間がこれまでの10数時間から4時間あまりに短縮される。この鉄道は最終的にケニアと東アフリカ内陸部の国ルワンダ、ウガンダ、南スーダンを繋ぐ予定である。

 

元記事:http://m.chinanews.com/s/gj/2014/08-07/1452749.htm

チャイナなう編集室