“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

ChinaJoy:ある男性来場者の1日


1

▲陶然は今年28歳、保険会社に勤めている。2009年からずっと毎年欠かさずChinaJoyに参加している。今年は6年目になる。

 

2

▲陶然は控えめな性格で、人人網(中国SNSサイト)では超人気者である。彼はいつも自分のページに撮影機材をメインとする中古品売買情報を掲載するので、彼のファンは陶然のページを“陶宝”(淘宝をもじった呼称)と言ってからかった。昨年のChinaJoyでは、ずっとネットでいざこざが耐えなかった北京から来た青年黄さんと会場でケンカになり、人々はこれを“陶黄大戦”と呼んだ。その一部始終が観客たちによって撮影されてネットで広がり、多くのメディアにも取り上げられた。その後、元々人気のあった彼は、さらにその名声を轟かせることになった。陶然が着ているタンクトップは、まさに昨年“陶黄大戦”の時に着ていたものだ。

 

3

▲観客にとって、ChinaJoyに来てShowGirlたちを撮影することは、必須科目のようなもの。陶然もその例外ではない。ただ、今回のChinaJoyは、陶然の撮影意欲を駆り立てるようなShowGirlは少なく、数カ所のブースを回っても、一度もシャッターを切らないこともしばしば。

 

4

5

▲多くのファンを持つ陶然は、ChinaJoyでよく観客から記念写真を求められる。まるでShowBoyだ。ステージの上のShowGirlと観客が一体となっている横で、ステージの下では、陶然とそのファンたちが一体となって記念写真を撮り合っている。

 

6

▲陶然が会場に到着すると、まず会場全体を回ったあと、SNSサイトに情報を更新した。その内容は“今年の会場は広い、コスプレ専門のパビリオンもある・・”

 

7

8

▲撮影機材を詰め込んだリュックを背負いながらChinaJoyを回るのは楽ではない。多くの観客と同じように、歩き疲れると、陶然は会場の隅でそのまま座り込んだ。陶然が持っているのは、キヤノンの5D2というカメラと、85mm F1.2というプロ仕様のカメラレンズ。これらの撮影機材はプロのカメラマンが見ても相当な装備になるが、会場にいるほかの写真愛好家たちと比べると、陶然の機材は見た目で完全に負けている。ShowGirlを撮影する時、ShowGirlたちはだいたい大きな撮影機材を持つカメラマンに目線を向けてしまう。陶然は記者のカメラを見て、“あそこにいるアマチュアたちがプロに見えて、プロのあなたがアマチュアに見えてしまう。”とからかった。

 

9

▲昼、陶然は記者と会場の外でランチを食べているわずか10数分の間にも、数名の通行人が陶然に気付き、記念写真を求めた。陶然はすでに記念写真の要求に慣れており、“ShowGirlがあんなにみんなから記念写真を求められるんだから、私のようなイケメンが記念写真を求められても、おかしくないよね”とトボケた。陶然は決して有名人気取りをしない。彼はファンを友達だと考え、自分はただ友達が多い人と思っている。

 

10

▲陶然は写真を撮るのも好きで、記者との話が盛り上がると、彼は記者のカメラで自分を撮った。

 

11

▲もうChinaJoyの常連だから、陶然は十数名のShowGirlとも親しくなった。これらのShowGirlは彼を見付けると、一緒に記念写真を撮った。

 

12

▲休憩の間、陶然はShowGirlと撮った記念写真をSNSに載せようとした。しかし、会場内の通信状況が良くないので、何回トライしてもダメだった彼は、記者の携帯電話のネットワーク共有機能を借りようとした。しかし、それでも、劣悪な通信環境で彼は記念写真をアップすることができなかった。

 

13

▲人人網の人気で、陶然が携帯電話で投稿をチェックする度に、数10件の新規コメントが書き込まれている。誰であろうと、陶然は丁寧にひとりずつ返事をする。場内の劣悪な通信インフラが陶然を大いに困らせた。陶然はリアルタイムで自分の位置情報を更新できなかったため、ChinaJoyに来場した多くのファンが彼を見付けることができなかった。写真は電話中の陶然。

 

14

▲会場にいる間、陶然はゲームに対する興味を微塵も見せなかった。唯一、彼が目を向けたのは、あるゲーム機とそれに付けられた値札だが、値段を見て陶然は不可解そうに首を振った。

 

15

▲元々15時までいる予定だった陶然は、13時35分に早々とChinaJoyを離れた。途中ずっと携帯電話でネットにアクセスしようとしていた彼は、電車の指定席を予約できるかどうかを心配していた。

 

16

▲駅に向かう地下鉄の中で、ようやくネットにアクセスできるようになった。いつものようにSNSが使えるようになった彼の顔には笑みがこぼれた。

 

17

▲ChinaJoyを見終わったあと、記者は陶然に例年と比べて今年のChinaJoyはどうだったと聞いたところ、彼は笑いながら”はは”とだけ言って、上海を後にした。

 

元記事:http://mp.weixin.qq.com/s?__biz=MjM5NTM4NjEyMg==&mid=200814663&idx=3&sn=55c4c2b2196eb4689a89a9412a8fbbd8&3rd=MzA3MDU4NTYzMw

チャイナなう編集室