“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

充電器の機内持ち込み制限 飛行中は充電禁止


001

日常に使用する電子機器が増える中、充電用バッテリーは多くの人たちにとって外出時の必需品となっている。7日、中国民用航空局が発表した「乗客の充電器機内持ち込みにかかわる規定」で、今後充電器の機内持ち込みにかかわるルールが明らかになった。充電器は乗客個人用に限定し、必ず肌身離さず持参しなければならない。また飛行中は電子機器の充電を行ってはならない。

このほか、規定の中では、充電器はかならず持ち込みのバッグに入れるか身に付けて携帯しなければならず、預かり荷物に入れてはならないとした。容量が100Whを満たない充電器は、航空会社の許可がなくても持ち込みが可能だが、容量が100Whから160Whまでの充電器は、航空会社の許可があれば持ち込みが可能で、ひとりの乗客は2つ以上の充電器を持ち込んではならない。

また、容量160Wh以上の充電器の持ち込みは禁止で、容量が明記されていない充電器も持ち込みは認められない。

さらに注意すべきは、乗客と乗務員は飛行中に充電器を使って電子機器の充電してはならない。スイッチが付いている充電器は飛行中にスイッチを切ることが求められる。

 

元記事:http://shanghai.xinmin.cn/msrx/2014/08/07/25030040.html

チャイナなう編集室