“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

中国のビットコイン採掘工場に潜入


1

▲先日、ビットコイン情報サイトThe Coinsmanの記者が中国東北地方にあるビットコイン採掘現場を取材した。空港に降りた後、ガイドの車で約1時間ほど走って、ようやく目的地に到着した。現場で目撃した光景に、記者は呆然とした。

 

2

▲ここで人々に与える第一印象はうるさいということ。記者が車を降りると、まるで怒ったクマバチが一斉に羽ばたく時の音が耳に入り、この音は現場に近付くに連れて大きくなって行く。

 

3

▲エアコンを備えているにもかかわらず、室内温度は40℃に達している。

 

4

▲記者がある建物の近くまで行くと、扇風機から押し出される強風で、人間の力ではそれ以上近付くことができない。これらの扇風機の後ろに数えきれないほどの機械類が置かれている。

 

5

▲ここには全部で2500台ものビットコイン採掘機が稼働している。

 

6

▲使い物にならなくなった機器は1箇所に集められ、この光景が至るところで見ることができる。

 

7

8

9

▲採掘機の性能は230GHS(※)

※GHSはビットコイン発掘性能の単位

 

10

▲これぐらいの規模の“採掘場”だと消費電力が非常に高く、毎月の電気代だけで40万元(660万円)に達する。

 

11

▲スタッフは忙しくない時に、パソコンで映画観たり、ゲームで遊んだりすることもできる。

 

12

13

▲ここは3人のスタッフを雇い、常に機械の正常運転を監視している。

 

14

15

▲機械室には無数のLANケーブルが張り巡らされている。

 

16

17

18

▲彼らが“ビットコイン鉱山”の安全運営を守っているヒーローたち。

 

元記事:http://www.ithome.com/html/it/98521.htm

チャイナなう編集室