“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

英国ハーロー校が上海浦東に開校予定


1

1572年に創立し、イギリスで長い歴史を誇るハーロー校の候補地が上海浦東に決まり、計画では来年9月に開校する。

新民網記者の取材によると、ハーロー上海国際校の校舎建設予定地は浦東のオフィス街にあるD3-7エリアに決定した。計画では、ハーロー上海国際校は敷地面積2.5万平米あり、開かれた大都会上海とハーロー独自の教育理念を融合し、校舎は伝統的な中国庭園を取り入れ、オフィス、図書館、体育館、緑化エリアを一体化し、さらに生態農場や、屋上花壇なども取り入れる予定である。

消息筋によると、ハーロー上海国際校を上海浦東に開設する事前準備作業はすでに着手され、予定では来年9月に開校する。ハーロー上海国際校の規模は最近同じく上海浦東に開校したウェリントン校と同程度の1500名になると見られる。

このほか、ハーロー上海国際校は小学校から高校までの一貫教育で、全日制男女共学の学校であり、1期生は5学年250名の海外学生を受け入れる予定である。

 

元記事:http://shanghai.xinmin.cn/msrx/2014/08/16/25120519.html

チャイナなう編集室