“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

乗り合いプライベート機が流行


1

プライベート機と聞くと、多くの人たちはすぐ“贅沢”、“セレブ”、“富豪”などの言葉を連想するかも知れない。しかし、最近上海では乗り合いという新しいスタイルが登場して以来、もうプライベート機は高嶺の花ではなくなった。

昨日早朝、乗客の王さんは妻と娘を連れて、上海虹橋空港のプライベート機向け事務所で早々と出国手続きを済ませた。初めてプライベート機に乗る王さんの家族はこの初体験に感激していた。

王さんによると、彼は出張でよく飛行機の乗るが、プライベート機に乗るのはこれが初めてだという。それまで、テレビや雑誌で見たことはあるが、ずっとこんなセレブなモノは自分と縁がないと思っていた。

今回は友人数名とタイ旅行に行くことになって、プライベート機をチャーターした場合の料金を調べたところ、思ったよりも高くなく、これなら乗って見ようということで全員の意見が一致した。

虹橋空港のイミグレーションのスタッフによると、今年の夏だけで、7機の乗り合いプライベート機のために入出国手続きを行ったという。行き先は、タイ、モルディブなどの離島がメイン。

業界関係者によると、機種によってプライベート機のチャーター料は異なるが、王さんが乗った機種のように1時間平均10万元(160万円)で、複数の家族が乗り合いした場合、平均一人当たりの費用は通常のビジネスクラスより若干高いぐらいで、その代わり、プライベート機ならではのプライベートな空間、快適性と時間的な融通が効き、出発時間の制限が少ないなどのメリットを考えると、費用対効果の面では悪くない選択だ。おそらく、将来このような乗り合いスタイルは家族旅行をする家族たちの支持を受けるだろう。

 

元記事:http://sh.qq.com/a/20140819/008230.htm

チャイナなう編集室