“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

ネット調査:上海女性が最も婚前性行為に反感


01

中国国内某お見合いサイトが先日、2014年第3四半期結婚恋愛レポートを発表した。レポートによると、結婚恋愛に関して、山東、上海、広東の3地域の女性は、婚前性行為に最も反感を持っており、生活習慣では、上海男性が最も夜の生活が少なく、模範的な男性だと言われている。

このお見合いサイトが公表した「中国男女結婚恋愛調査レポートのキーワード」は、当社傘下のシステムから抽出したものである。このシステムは35万世帯のビッグデータから、生活習慣、恋愛結婚観、価値観などについて分析を行った。

データによると、理想的な相手と尋ねられた会員たちは、男女に関わらず、“魅力的な個性”を1位に挙げている。それぞれの割合は男性6.71%、女性6.56%だった。その中で、広東男性と北京女性が“個性”を挙げた人が最も多かった。

このほか、男性が結婚相手に求める条件として、休日のファッション(6.36%)、結婚願望が強い(4.86%)、標準語がちゃんとしてる(4.55%)、愛嬌がある(4.22%)などとなっている。

生活習慣に関する条件として、男性に最も多く求められる3つの条件は、スポーツが好き、身体を鍛えている、素食に理解を示す、だった。女性に求められる条件はオーソドックスに、たばこを吸わない、歌がうまい、穏やか、である。

上海男性は“夜の生活が少ない”と答えた人は、全体の10.58%を占める。“グルメで料理好き”は山東男性、湖南女性は最も“偏食しない”。上海女性は“食べるだけで料理しない”、“文芸に優れる”のは北京女性を置いてほかはない。

セックスの相性について、男性に求められる条件トップ3は、カジュアルに性を話せる(17.02%)、性行為回数が平均レベル(14.19%)、性経験が少ない(14.12%)。女性に求める条件トップ3は、性経験が少ない(15.13%)、性行為の頻度が少ない(12.55%)、性行為の頻度が平均レベル(11.79%)だった。

その中、広東男性の性行為頻度が最も多く、江蘇男性の童貞の割合が最も高く、山東男性が最も婚前性行為に反対する。また、広東女性の性行為の頻度が高く、処女が多い地域のトップ3はそれぞれ、新疆(10.98%)、寧夏(6.84%)、甘粛(6.81%)だった。なお、婚前性行為に最も多く反対する女性は山東、上海、広東に多い。

 

元記事:http://sh.sina.com.cn/news/b/2014-08-19/1052106707.html

チャイナなう編集室