“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

大学別卒業生平均月収ランキング


1

1 北京郵電大学(卒業生平均月収:8725元=14万7000円)

かつて給与水準が超高かった通信業界もいまは斜陽産業になりつつあるが、北京郵電大学の方針転換が成功したようで、いち早くモバイルインターネットという超高速列車に乗り換えたことで、卒業生も待遇も最高水準だ。

 

2

2 清華大学(卒業生平均月収:7128元=12万円)

清華大学という揺るぎない看板のお陰で、清華大学を卒業した学生たちは多くの大企業から注目され、ほとんどの業界において、清華大学卒業生の初任給は最高水準である。ただ、一部の文系専攻と人気のない理工系が足を引っ張る形となったため、ここでは2位に甘んじた。

 

3

3 上海交通大学(卒業生平均月収:6734元=11万4000円)

南の清華大学として、上海交通大学は中国南部における影響力は軽視できない。金融業界では、上海交通大学は北京大学や清華大学と肩を並べるほどの実力があり、ほかの業界でも、上海交通大学は同様に最高ランクの地位を確立しており、だから卒業生の月給も低いはずがない。

 

4

4 北京大学(卒業生平均月収:6665元=11万2000円)

国内2位の大学として、北京大学の卒業生たちも同じように大企業から歓迎されている。専門的な技能は清華大学より少し劣るが、長い目で見た場合、北京大学は清華大学を超える日が来るかも知れない。例えば、百度の李彦宏(ロビン・リー)や、豌豆莢(ネットゲーム)CEOの王俊煜なども北京大学の卒業生である。IT業界は北京大学が最も強い業界ではないが、それでも北京大学が4位に転落したのは、やはり人気のない文系と理系の専攻科目が足を引っ張ったからだ。

 

5

5 復旦大学(卒業生平均月収:6453元=10万9000円)

復旦大学は美しい校舎が特徴で、校内の至るところで芸術の息遣いを感じることができる。上海交通大学と並ぶ上海の2大名門校は、国際都市上海を背負っており、当然就職など全く問題ない。

 

6

6 上海財経大学(卒業生平均月収:5907元=10万円)

国際金融都市上海にあり、各専攻コースはほとんどすべて金融と関係があり、こんな大学の就職率もトップレベルだ。就職率が高いので、高校生たちの人気も高い。

 

7

7 中央財経大学(卒業生平均月収:5839元=9万8000円)

上海財経大学と同様、中央財経大学の専攻コースもほとんど金融関連で、しかも金融の中心北京市に位置するため、人材の需要が多く、卒業生たちも金融機関に入社するチャンスはほかの大学よりずっと多い。

 

8

8 同済大学(卒業生平均月収:5754元=9万7000円)

同済大学の土木建築専攻は全国1位、しかも土木建築業界の待遇がいいのは、もはや常識となっている。土木建築の陰に隠れてほかの学科が目立たないが、同済大学のIT業界もなかなか人気があり、特にアメリカ企業の人気が高い。

 

9

9 対外経貿大学(卒業生平均月収:5463元=9万2000円)

“リトル北京大学”の異名を持つ対外経貿大学はかつて、大学受験の合格ラインが清華大学や北京大学に肉薄したこともある。貿易産業が不景気になり、対外経貿大学もかつての輝きを失った。それでも、痩せたラクダでも馬より大きい、対外経貿大学の卒業生たちの収入水準は、ほかの多くの重点大学にとって羨むばかりである。

 

10

10 北京航空航天大学(卒業生平均月収:5107元=8万6000円)

近年来、北京航空大学の発展が著しく、国が多額の予算を注ぎ込んだこともあり、OBたちの待遇も大幅に改善されたようだ。当校の卒業生たちは宇宙開発研究所に配属されることが多く、毎年研究所が採用する新入社員の中で、北京航空大学は最も多い。

 

元記事:http://mp.weixin.qq.com/s?__biz=MjM5OTk3NjcyNA==&mid=200610875&idx=4&sn=8434b06cd9c820d13a581c6fd44cb4fc&3rd=MzA3MDU4NTYzMw

チャイナなう編集室