“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

24時間北京の楽しみ方


0

もし、24時間あったら、何をする?本を読む、ラブストーリーの映画を観る、腕を振るって料理を作る、または家族と団欒し、友達とどんちゃん騒ぎをする・・・24時間は長いようで短い。それでは、首都北京で過ごす24時間を紹介しよう。きっと行くところの風景が記憶に残り、この街のイメージが変わることだろう。

 

1

▲早朝6時の天安門広場、国旗は既に風の中ではためいている。首都の1日は幕を開けた。

 

2

▲朝8時、朝食の店で豆乳と揚げパンを食べて、北京のライフスタイルを満喫する。

 

3

▲午前10時、故宮の雄大さを体感する。

 

4

▲正午、外がパリパリで中が柔らかい北京ダックを食べる。

 

5

▲午後2時、昔と変わらない路地裏を散策し、北京伝統のヨーグルトを味わう。

 

6

▲午後4時、路地裏の散歩で疲れたら、梨園でちょっと座って、京劇の定番「覇王別姫」を鑑賞する。

 

7

▲午後6時、路地裏の奥ま探索し、屋台で熱々の焼き肉を試す。

 

8

▲夜8時、綺麗にライトアップされたオリンピック公園で、観光客とともに音楽と噴水のショーを堪能する。

 

9

▲夜10時、国貿ビルの周辺を周り、煌びやかな夜景を楽しむ。

 

10

▲深夜0時、どんなに華やかな1日でも終わりが来る。北京の明日がもっと美しくあることを祈りつつ、アイ・ラブ・北京。

 

元記事:http://mp.weixin.qq.com/s?__biz=MjM5NDI3Nzc4MA==&mid=200446391&idx=1&sn=7aa648bce7c0618b0158b506cd3e6efc

チャイナなう編集室