“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

上海浦東空港5日間335台のiPhone6を押収


1

9月19日にiPhoneの新機種が発売されて以来、上海浦東国際空港の税関が5日間に押収したiPhone6とiPhone6 plusの台数が335台に達し、その中に5件の密輸入による238台が含まれ、残りの97台は追加課税後、本人に返却された。押収を受けた旅行客はそれぞれカナダ、香港、ロシアなどの国や地域から入国していた。

関税の規定に従い、旅行客は海外で携帯電話を購入した場合、入国時に税関に自主申告する必要があり、個人利用の数量を超えない範囲内で通関手続きをしなければならないと、上海税関が注意を促している。密輸入に対して厳しく対処するとのこと。

別のメディアが23日報道したところによると、中国各地税関が押収したiPhone6の中で、深圳税関が押収したiPhone6だけでも2000台近くに上るという。法律では、携帯電話は関税対象となる20品目のうちのひとつに該当し、国内に持ち込む際はかならず税関に申告しなければならない。税率は10%である。

 

元記事:http://www.sh.xinhuanet.com/2014-09/24/c_133668987.htm

チャイナなう編集室