“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

環境 Archive

人命救助で体調不良に

2013年5月22日、杭州網 6、70人の野次馬が集まり、成す術がない状態の中、51歳のベテラン警備員張光聡が汚れた川に飛び込み、14歳の少女を救った。 救助の中で、張さんは3度川に潜った。川水があまり汚れていたので、彼 […] 記事全文

2年後この川で泳ごう

2013年5月9日、中国新聞網 今年初め、浙江省温州市で深刻な河川汚染が多発し、ネット上で環境保護局局長に川で泳いでもらう懸賞を出したひともいる。8日、温州市蒼南県龍港鎮政府の公式微博アカウントで、浙江省副省長盧子躍は河 […] 記事全文

罰金2000万円!環境破壊の罰金最高額

2013年5月3日、武漢晩報 摘発企業はブラックリストの常連 武漢市環境保護局の発表によると、武昌地区にある企業が基準を超えた汚染物質を排出したことで罰金121.5万元(約2000万円)の処分を科し、環境保護違反に関わる […] 記事全文

北京駐在員に15万元の危険手当

2013年5月2日、人民網 ”中国は空気汚染のほかに、鳥インフルエンザのリスクも加わり、中国進出する日本企業が中国に留まるかどうかに迷っている”。最近日本メディアはこのように中国進出日本企業の悩みを報じてる。もし世界にお […] 記事全文

主要都市の大気クリーン度ランキング

2012年4月20日付け 新京報 4月19日、民間の環境保護団体“自然の友”が、『2012年中国環境緑書(グリーンペーパー)』を出版した。全国31の省政府所在都市と直轄市市街地の大気クリーン度ランキングにおいて、北京は過 […] 記事全文

鉄道プロジェクト 環境評価厳しく

2012年2月7日付け 人民網(人民日報) 環境保護部は先ごろ、鉄道建設関連のプロジェクトに重大な変更があった場合は、法律に基づき、環境影響再評価文書を再提出しなければならないとの通達を出した。 「鉄道建設プロジェクト変 […] 記事全文

中国の大気汚染はどれほど酷いのか?

2012年2月4日付け 網易新聞 2月4日、PM2.5をめぐる論争が再燃した。 WHO(世界保健機構)が明らかにしたところによると、PM2.5 の値が10㎍/㎥を超えると人体に影響を及ぼす。中国におけるPM2.5の平均濃 […] 記事全文

自動車と燃料に新環境保護基準

2012年1月26日付け、新京報 昨日、北京市環境保護局に取材した結果、検討中の自動車に関わる国内V標準は今年下半期に施行される予定で、現在ガソリンに関する基準とガソリン車に関する基準を策定中であることが分かった。自動車 […] 記事全文

白熱灯が使用禁止へ

2012年1月25日付 北京日報 北京市発展改革委員会は、北京市の白熱灯使用禁止についての行動計画を制定した。国の方針より詳細で厳格な内容となっている。所定の手続きを経て、正式に公布される予定だ。 中国は照明器具の生産大 […] 記事全文

花火と爆竹で大気浮遊物質が80倍に!

2012年1月24日付け 新京報 北京環境保護観測センターが発表したデータによると、旧正月初日の23日未明、北京の各大気観測地点で観測したPM10(直径10㎛の微粒子)濃度がピークに達した。車公庄観測地点では、PM2.5 […] 記事全文

汚染物質データ(PM2.5)公表へ

2012年1月21日付け 京華時報 北京市環境保護観測センターは公式ミニブログ「北京環境モニタリング」を通じて、21日より「PM2.5(直径2.5μm以下の微小粒子状物質)*1」の1時間あたり濃度の試行的観測データをリア […] 記事全文

CO2排出量取引の試験的運用始める

2012年01月14日付け、北京晨报 中国国家発展改革委員会が13日に、北京市、天津市、上海市、重慶市、広東省、湖北省、深圳市がCO2排出量取引の試験地区に認定されたと発表した。中国国内でCO2排出量取引市場を整備するこ […] 記事全文

開発案件の環境保護審査を厳格化

2012年01月04日付け、 新京報 先ごろ、北京市「第12次5カ年計画期における環境汚染物質排出総量削減実施法案」が公表された。これによると、環境影響評価審査を通過していない新プロジェクトに対して、着工の許可、各種許認 […] 記事全文

深刻なスモッグ問題

2011年12月19日付け、人民網 ■スモッグ問題をどう解決する? 航空便が広範囲に渡り遅延、マスクは人気商品に、朝体操をする人は仕方なく家に・・・一時期、南の広州、杭州から北の北京、蘭州まで、スモッグが頻繁に観測された […] 記事全文